クビレニスタ 生理中
生理中にクビレニスタを履いても、効果を実感することはできるのでしょうか?

骨盤を矯正することで、基礎代謝をアップさせ、痩せ体質へと改善することができるとクビレニスタでダイエットを始めた方も多いでしょう。

ダイエットといっても、運動や食事制限する必要はなく、ただ履くだけで痩せることができるので、いつの間にか体重が激減していた!と喜びの声が多く寄せられています。

しかし、クビレニスタはショーツなので、生理中に履いても問題はないのか気になりますよね。

生理中に履くことで、体調が悪くなるようなら、このまま続けていいのかどうか心配になりますが、生理中にクビレニスタを履いても体調不良になってしまうことはないのでしょうか?

>>【期間限定セール中】クビレニスタの公式サイトはこちら

生理中に履いてもOK!

クビレニスタはただ締め付けるだけのショーツではなく、骨盤を正しい位置に戻すことで痩せることができるので、生理中に履いても体調が悪くなることはありません。

そのため、生理中に履いても特に問題はありませんが、生理が始まったことで体調が悪いのであれば、無理にクビレニスタを履かなくても大丈夫です。

体調が悪い時に無理に履き続けても、症状が悪化してしまう恐れがあります。

何日間か履かなかっただけで、また元の体重に急激に戻ってしまった!なんてことないので、まずは自分の身体を休めることを先決にしてください。

生理中でも体調が治ったら、無理のない程度にまた再開してくださいね。

生理中の食欲増進には要注意!

クビレニスタは生理中に履いても問題ないですし、体調が悪いのであれば体調が元に戻るまで無理に履き続けなくても問題ありません。

しかし、生理中で注意しておきたいのが暴飲暴食です。

生理中は女性ホルモンバランスが乱れることで、イライラしやすくなり、空腹を感じやすくなることから暴飲暴食しやすくなります。

当然ですが、いくらクビレニスタを履いていたとしても、暴飲暴食をしていれば痩せるどころか太ってしまう恐れも…

また、生理中は黄体ホルモンの分泌量で甘いものが食べたくなるのも、生理中太りやすくなってしまう原因です。

クビレニスタを履いておくことで、ある程度食べ過ぎを抑えることができますが、それでもどうしても生理中食べ過ぎてしまうのであれば、どうすればいいのでしょうか?

生理中の食欲を抑える方法

・食事回数を増やしてこまめに食べる

通常であれば1日2~3食に分けて食べている人が多いと思いますが、それだと空腹時間ができてしまい、どか食いしてしまう原因になります。

できるだけ空腹の時間を作らないために、少量を少しずつ分けて食べるようにしましょう。

常に胃の中に食べ物が少しでもある状態にすれば、暴飲暴食を防ぐことができます。

・ビタミンB6が含まれているものを食べる

生理中はビタミンB6が不足しやすくなることから、イライラしやすくなり、つい余分に食べてしまいやすくなります。

ビタミンB6が多く含まれている食品を積極的に食べることで、生理中のイライラを抑え、食欲増進を防ぐことができるでしょう。

◯ビタミンB6が多く含まれている食品

・大豆

・鶏胸・鶏挽き肉

・バナナ

・赤みのマグロ

これらの食品にはビタミンB6が豊富に含まれているので、生理中どうしても食べ過ぎてしまうなら、意識的にビタミンB6が含まれている食品を食べるように心がけてくださいね。

クビレニスタは生理中にも履くことができますが、体調が悪い時には無理をせず、体調が元に戻ってから履いても大丈夫です。

生理中にどうしても太りやすくて悩んでいるのであれば、クビレニスタで骨盤を矯正しつつ、ご紹介した生理中の食欲を抑える方法を実践し、無理なくダイエットを行っていきましょう。

>>【期間限定セール中】クビレニスタの公式サイトはこちら