クビレニスタ 正しい履き方
クビレニスタの正しい履き方についてまとめてみました。

いつものショーツの代わりに、またはショーツの上から履くことで、骨盤を矯正し、痩せやすい身体へと変えてくれるとクビレニスタは様々なメディアからも注目されています。

履くだけで痩せることができるなら、チャレンジしたいと考えている女性も多いですよね。

しかし、クビレニスタの正しい履き方にはコツがあり、間違った履き方を続けても効果を発揮することはできません。

クビレニスタをいきなり始める前に、まずは正しい履き方を学んでいきましょう。

クビレニスタの正しい履き方の手順

1、クビレニスタの両端を持ち、無理に引っ張らないように気をつけながら、股下までゆっくり引き上げます。

2、お腹側と背中側部分のクビレニスタをウエストまで引き上げます。

3、お腹側に手を入れ、足の付け根、腰回りの脂肪をおへその下側に向かってクビレニスタ内に集めます。

4、片側の足を後ろに引き、後ろに引いた足の反対側のお尻をぐいっと持ち上げ、クビレニスタに収めていきます。

5、4の手順通りに次は反対側のお尻を持ち上げて、クビレニスタに抑めていきます。

6、お腹が部分にシワができていないか確認し、整えれば完了です。

クビレニスタの正しい履き方は以上になります。

履き方だけ見ていると、難しそうに見えますが、一度覚えてしまえば簡単ですし、3分もあれば正しい履き方を行うことができます。

正しい履き方をすれば、必ず下半身をスッキリさせることができるのですが、最近では一部の口コミで効果なしと言われてしまうことも…

効果がでない原因の問題とは一体何なのでしょうか?

痩せない?クビレニスタの悪い口コミ

・いつものショーツと同じように履いたらお腹までしっかり上がってこなかったので、そのままずれた位置で履いていました。

お腹は締め付けられて苦しいですし、結局ほとんど痩せていません。

・お腹部分までぐっと引き上げようとしたら、レース部分が破れてしまいました。

品質が悪いのか、こんなすぐに破れてしまうなんて…

もうそれか面倒になってしまい、履いていません。

・正しい履き方をチェックして最初は頑張っていたのですが、次第に面倒になってきてしまい、最近では3日1回くらいしか履かなくなってしまいました。

ズボラな私には向いていなかったようです。

・締め付けられている感じが苦手で、もともとゆったりとした下着ばかり履いていました。

履くだけで痩せられるならとクビレニスタを使ってみたけれど、ゆったりとした下着ばかり履いていたこともあって、締め付け感がどうしても気になってしまいます。

これで痩せることができるなら我慢しようと思ったのですが、3日で挫折してしまいました。

やっぱり楽に痩せられる方法ってないのかな…

間違った履き方を続けていても効かない?

クビレニスタの悪い口コミの内容を詳しく見てみると、毎日履いていなかったり、正しい履き方をしていないことがよく分かりますよね。

今まで大きめサイズのショーツばかり履いている人にとっては、すぐにクビレニスタの締め付け感がなれないと諦めてしまっている人もいるようです。

しかし、最初は慣れないかもしれませんが、毎日正しい履き方を続けていれば、次第に締め付けられていると感じることもなくなります。

クビレニスタは最低でも1~2ヶ月は履かないと効果を実感することができないので、正しい履き方で続けるように頑張ってみましょう。

クビレニスタの正しい履き方を知っておくことで、クビレニスタ本来の効果を発揮することができます。間違った履き方をずっと続けていてもダイエット効果を感じることはできないので、注意してくださいね。

>>クビレニスタ公式サイトはこちら